四国ブロック徳島県3

Posted: 2013/01/04 カテゴリー: 四国の道場, 徳島県

日本拳法徳島県連盟

■概要
日本拳法は故澤山宗海宗家が昭和7年に日本で初めて防具着装による実戦の拳法を創始されたことにその歴史を発しています。安全な防具を着装することにより,突き・蹴り・投げ・逆捕りのすべての実戦練習が可能となり,格闘技の神髄を追求すべく日本拳法が誕生しました。徳島では日本拳法の歴史は長く、多くの団体が所属する中、日本拳法徳島県連盟では、徳島本部道場、松茂道場、佐那河内道場、応神道場にて活動し、多くの道場生が入門しています。

■指導方針
少年部門では、グローブ、胴を着用する日本拳法により、安全で安心な練習による技術の取得、体力の向上と、礼節を重んじ、強くたくましく、勇気と思いやりをもった青少年の健全な育成に寄与するとともに、道場生間の世代間を超えた交流の場にな ることを目標としています。成人部門では、防具着用による実践的な練習と、礼節、耐力の向上を目指すと共に、殴打技、蹴り技、関節技などの技術の習得を目指しています。

■所在地・その他
●道場の場所
 ①徳島県本部道場
 ②松茂道場
 ③緑風館(館長 橘 只行)
 ④佐那河内道場 (道場長 林 實)
 ⑤応神道場 (道場長 井原 勇規)
●電話     090ー3180ー3581
●E-Mail   marusyo5※wmail.plala.or.jp(事務局)
●URL
●練習時間帯
 ③火曜日 幼・少年部 19:00~21:00      佐那河内体育館
 ②水曜日 幼・少年部 17:30~19:00       松茂第二体育館
 ②金曜日 一般部   19:00~21:00      松茂第二体育館
 ①木・土  幼・少年部 18:30~19:30      県立中央武道館
       一般部   19:30~21:00      県立中央武道館
●対象者   少年・一般
●代表    樋口 健二
●指導員   武田 雅昭、濱尾 眞一郎、岡田 克雄
●設立年度  昭和60年4月

tokushima_renmei

広告

コメントは受け付けていません。